ソレキアは、お客様と共に高い付加価値を創造するICTサービスインテグレータです。

導入事例 −特別支援教育向けタブレット端末アプリ−

導入事例トップに戻る

文教・官公庁学校 | 東北

Point特別支援教育のICT支援ツールとして貢献!

全国生涯学習ネットワークフォーラム 公開研究会の様子

学校宮城教育大学附属特別支援学校 様

【採用サービス】
特別支援教育向けタブレット端末アプリ
【サービス概要】
「二択質問アプリ」「支援カルテ」により児童生徒の意志表示を支援し、支援情報を簡単に確認できます。
  • 二択質問作成アプリ
  • 支援カルテ

開発されたアプリケーションの特長は?

平成24年10月26日・27日、「宮城教育大学附属学校園」にて「全国生涯学習ネットワークフォーラム(※)2012」が開催され、当フォーラム「ICT分科会 公開研究会」において当社が宮城教育大学附属特別支援学校様と共同で開発したタブレット端末アプリケーション【二択質問作成アプリ】、【支援カルテ】(以下、「アプリ」といいます)が紹介されました。
これらのアプリは、これまで特別支援学校へのICT活用がパソコンのマウスやキーボード操作の煩わしさのためなかなか浸透してこなかったという現状を踏まえ、画面タッチや音声認識により感覚的に操作・利用できるタブレット端末を活用しようという試みのもと開発されました。

※ 主に文部科学省が中心となり、教育機関・NPO、企業等様々な機関・団体の関係者が地域の抱える課題をテーマとして生涯学習を通じた新しい社会・地域づくりについて研究協議し、その成果の発信と活動の全国展開を図っています。

当日の様子は?

当公開研究会では、当日行われた公開授業でアプリを使用している様子などが報告され、特別支援教育における支援ツールとしてのICT活用例として、ご参加いただいた方々から高い注目を集めました。

名称
宮城教育大学附属特別支援学校
所在地
宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉395-2
設立
1967年
概要
本校は、何らかの原因で知的な発達の遅れのある児童生徒を主な対象とした特別支援学校です。小学部・中学部・高等部までの一貫教育を通して、一人一人の発達に応じた指導を大切にし、社会生活に必要な知識や技能・態度を可能な限り,身に付けさせることを目的としています。
ホームページ
http://tokushi.miyakyo-u.ac.jp/

※記載されている情報につきましては、2013年7月現在のものです。
 また、社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

その他の製品やサービスにつきましては、サービス紹介サイトをご覧ください。

サービス紹介サイトを見る

事業内容トップに戻る

事業内容