ソレキアは、お客様と共に高い付加価値を創造するICTサービスインテグレータです。

実証実験 -映像行動解析ソフトウェア-

導入事例トップに戻る

文教・官公庁財団法人 | 東京

PointIPカメラで撮影した映像情報を解析し出入者数を測定

大田区産業プラザ PiO

財団法人大田区産業振興協会 様

【使用したソフトウェア】
Imagepower MiZZO!
【ソフトウェア概要】
MiZZO!は、映像から動体(人、物)を検出し、数・滞留時間・軌跡(流量)を可視化するソフトウェアです。
  • カメラ設置箇所と測定エリア
  • 設置カメラ(1F)
  • 動線認識画面
  • 来場者数および出入者数測定結果

実証実験の実施内容

映像行動解析ソフトウェアのMiZZO!(富士通株式会社製)は、カメラ映像に写った動体(人物など)を検出し数値化することで『数・滞在時間・軌跡の見える化』をサポートします。今回、公益財団法人 大田区産業振興協会様のご協力のもと、『第19回 高度技術・技能展 おおた工業フェア』において、MiZZO!による出入者数測定の実証実験を行いました。
【実施内容】
目的:出入者数の測定
実施展示会:第19回高度技術・技能展 おおた工業フェア
測定期間:2015年2月5日(木)~7日(土)
測定場所:大展示ホール入口(1F)、小展示ホール入口(2F)

測定効果

・おおよその出入者数を短時間に把握し、出展者への迅速な情報提供により集計業務を大幅に軽減。
・出入者数を時間別に把握できるので、開催中のセミナー・イベントごとの集客数も把握。
・受付をしていなかった小展示ホール(2F)の出入者数を可視化。

今後の展望

今後さらに設置箇所を増やすことで、出入口だけでなく会場内の通路やセミナー開催場所ごとの出入者情報を把握することが可能となります。

※本実証実験は、ソレキア株式会社、富士通株式会社、キヤノンマーケティングジャパン株式会社の3社共同により実施いたしました。
※記載されている情報につきましては、2015年5月現在のものです。
 また、社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

その他の製品やサービスにつきましては、サービス紹介サイトをご覧ください。

サービス紹介サイトを見る

事業内容トップに戻る



事業内容