ソレキアは、お客様と共に高い付加価値を創造するICTサービスインテグレータです。

先輩の声 −セールスエンジニア−

提案からフォローまで、お客様との関わりの中で成長を実感

<自己紹介>
現在は医療部員として病院や診療所を担当しています。セールスエンジニアは外回りが中心なので、外交的で人と話すことが好きな私に合っていると思います。趣味は、スポーツやサウナ等で汗をかくことで、特にバスケットボールは小学生の頃から続けており、1つのことを継続していることは私の誇りでもあります。

セールスエンジニア
眞々田 さん(2009年入社)

現在の担当業務は?

具体的には、パソコンやサーバ等のハードウェアを始め、「医事会計システム」、「電子カルテシステム」といったパッケージをお客様へ紹介・提案しています。ただ、それで終わりではなく、システム稼働後のフォローまでを実施するということが大事なことだと思います。

仕事を通じた人・社会との関わりは?

多忙な医療業界にはたくさんの課題があります。そこで、ICT技術を用いることによって、情報漏洩の抑止、ペーパーレス化、業務効率化等を実現しています。その結果として、みなさんがよりよい医療を受けられることに繋がるのだと思います。

仕事を通じて成長を実感できたエピソードは?

効率良く仕事ができるようになりました。仕事の優先順位やタイムラグを把握できるようになり、1日で3しかできなかった仕事が、今では10できます。入社3年目になり、入社当時のことを振り返ると、成長を実感しました。

これから取り組んでいきたいことは?

営業活動を行う際はその内容も大事なのですが、「人と人の関わり」がより大切だと気づきました。社内・社外問わず、人との交流や人間関係づくりをもっと積極的に行っていきたいと思います。趣味のバスケットボールに限らず、交流の場においては狭いところに収まらず、どんどんオープンに入りこんでいきたいと考えています。

想像していたセールスエンジニアと今

みなさんは「営業」という言葉にどんなイメージを持っていますか? ハンカチを片手に汗をぬぐいながら物を売り込む、そんなイメージですか? 実際には非常にやりがいがあり、格好良い職種だと胸をはって言えます。私が思うに必要なことはただ1つ。「コミュニケーション能力」です。私はセールスエンジニアになり人見知りを克服できました。まずはソレキアの会社説明会に参加してみてはいかがでしょうか?

職種紹介を見る

採用情報トップに戻る

採用情報