ソレキアは、お客様と共に高い付加価値を創造するICTサービスインテグレータです。

ご挨拶

株主の皆様へ

代表取締役社長 小林義和

株主の皆様には、平素より格別のご高配を賜り厚くお礼申しあげます。

当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、企業収益や雇用・所得環境の改善を背景に、景気動向は緩やかな回復基調が続きました。海外経済においては、米国の保護主義的な通商政策による貿易摩擦の影響や欧州での不安定な政治動向、東アジアにおける地政学的なリスク、金融資本市場の変動リスク等、世界経済全体が不安定化しつつあり、先行き不透明な状況となっております。

ICT業界におきましては、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)などの技術進化とともに、働き方改革への取り組みなどを背景とした企業の生産性向上や業務効率化を目的としたシステムの更新需要は引き続き拡大傾向にあります。

このような事業環境のもと、お客様の多様なニーズに迅速かつ的確に対応すべく、デジタル・ビジネスをはじめ、新しいソリューションならびにサービスの分野に積極的な拡販活動を展開するなど、受注・売上の拡大を図るとともに、全社を挙げて経費削減に取り組みました結果、当社グループの第2四半期連結累計期間の売上高は95億46百万円、営業利益は1億59百万円、経常利益は1億75百万円、親会社株主に帰属する四半期純利益は99百万円となりました。

ICTビジネスを取り巻く環境は日々変化しており、データセンターを活用したシステム・サービスの拡大とともに、IoTの進展によるビッグデータの高速処理・解析やAIを取り込んだ新たな価値創造の動きなどに対応したデジタルITプラットフォームの導入が期待されております。AIの進歩によりRPA(Robotic Process Automation)、自動運転などあらゆるモノやコトがインテリジェントにサービス化・自動化され、自律的に行動するスマートマシンの世界へと進化し、個人の生活から企業活動、社会全般を大きく変革しつつあります。

このような環境の中、当社グループは強みである営業・SE・CEなどトータルサポート力を活かし、協業ベンダーやお客様の持つサービスを利活用したビジネスエコシステム(協業・共創)との連携を深め、新たなデジタル・ビジネスの市場を拓き、お客様の期待に応えてまいります。

また、新たな市場創出とお客様価値の創造を実現するため、人財の育成、組織の活性化に取り組むとともに、利益の拡大と中長期に亘る持続的な成長を目指した経営改革を推進し、ソレキアグループの企業価値向上に邁進する所存でございます。

株主の皆様におかれましては、今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申しあげます。

2018年12月
代表取締役社長 小林 義和

株主・投資家情報トップに戻る

株主・投資家情報